お知らせ
領域代表・領域役員
キーワード一覧
(English keywords)
記録
若手奨励賞
本Webページについて
領域Web目次
物理学会HOME

第9回領域11若手奨励賞

受賞者の発表

2014年6月会告に従って、第9回領域11若手奨励賞の募集を行い、同年8月7日に締め切りました。申し合わせに従って設置された領域11の審査委員会による厳正な審査の結果、応募の中から下記の4名の候補者が選考され、同年10月の理事会で受賞者として承認されました。ここで、その受賞を祝福するとともに、領域11関係者に公示致します。なお、対象論文などの情報については、物理学会の若手賞のWebサイトをご覧ください。 

領域11代表  早川 尚男
受賞者 受賞題目
泉田 勇輝氏(お茶の水女子大学 理学部) 熱機関の最大仕事条件下での効率限界の研究
田中 宗氏(京都大学基礎物理学研究所) 二次元量子多体系におけるエンタングルメントの研究
根本 孝裕氏(京都大学大学院理学研究科) 定常確率過程に対する大偏差関数の“測定と操作”に基づいた評価法の開発
前多 裕介氏(京都大学白眉センター) 温度勾配濃度勾配の共存下での生体高分子の分離現象の発見および制御法の開拓


審査経過報告

領域11における審査は、領域代表が指名した9名の審査委員により、メールを用いて行われた。 審査委員は、領域11が対象とする非常に幅広い分野をカバーするべく選ばれた研究者達である。 うち1名が審査委員長を務め(審査委員長については領域代表が指名)、選出の取りまとめに当たった。 本領域の若手奨励賞の応募は2014年8月7日に延期の後、締め切られた。 審査手順は次の手順で行われた。 最初に各応募者に対して委員長が審査委員9名の中から指名したそれぞれ2名が査読者として原著論文を独立に査読し、その内容と評価に関して査読レポートを作成した。 この査読レポートは審査委員全員に配布された。 各審査委員は、応募者毎2通の査読レポートを参考に、応募者全員の資料に基づいて候補者選定に当たった。 一定のメール討議期間を設けた後、最終的に、各審査委員が5~1点で応募者の点数評価を行い、その点数の合計点で上位4名の受賞候補者を決定した。 領域11の範囲は幅広く、その中には応募者が出ていない分野も見られる。 今後、より幅広い分野からさらに多数の応募があることを期待したい。

若手奨励賞・領域11審査委員長  伊藤伸泰

受賞理由




授賞式

 第70回年次大会において領域11の若手奨励賞授賞式が行われました。 今回は泉田 勇輝氏(お茶の水女子大学 理学部)、田中 宗氏(京都大学基礎物理学研究所)、根本 孝裕氏(京都大学大学院理学研究科)、前多 裕介氏(京都大学白眉センター)の 4名が受賞され、その受賞講演もあわせて行われました。




第9回領域11若手奨励賞受賞者の皆さん

集合写真)

泉田 勇輝氏(お茶の水女子大学 理学部)

田中 宗氏(京都大学基礎物理学研究所)

根本 孝裕氏(京都大学大学院理学研究科)

前多 裕介氏(京都大学白眉センター)


無断転載はお断りします
日本物理学会 領域11