お知らせ
領域代表・領域役員
キーワード一覧
(English keywords)
記録
若手奨励賞
学生優秀発表賞
企画提案
本Webページについて
領域Web目次
物理学会HOME

若手奨励賞

日本物理学会では、将来の物理学をになう優秀な若手研究者の研究を奨励し、 日本物理学会をより活性化するために若手奨励賞を設けています。


第18回日本物理学会若手奨励賞受賞者(領域11)

受賞者の発表

2023年6月の会告にしたがって,第18回日本物理学会若手奨励賞(領域11)の募集を行い,同年7月24日に締切りました.若手奨励賞領域11内規にしたがって設置された領域11の審査委員会による厳正な審査の結果,応募者の中から下記の3名の候補者が選考され,同年10月の物理学会理事会で受賞者として承認されました.ここでその受賞を祝福するとともに,領域11関係者に公示いたします.なお,対象論文などの情報については, 物理学会の若手賞のWebサイトをご覧ください.

領域11代表 笹本智弘
受賞者 受賞題目
田島 裕康 (電気通信大学大学院情報理工学研究科) 量子ゲートおよび量子熱機関に対するコヒーレンスの影響の研究
西川 宜彦 (北里大学理学部) 大規模数値シミュレーションによるガラスの静的・動的性質の研究
山岸 純平 (東京大学大学院総合文化研究科) 細胞内代謝系が示す摂動応答の理論研究


審査経過報告

本年度の領域11若手奨励賞は、2023年7月24日の締切までに応募のあった7名の候補者について厳正な審査を行い、3名への授賞を決定した。審査は、領域代表が指名した9名の審査委員によって行われた。審査委員は領域11が対象とする広範な分野をカバーするべく、異なる専門を持つ研究者から選出されている。うち1名が審査委員長を務め、審査の取りまとめに当たった。審査手順は以下の通りである。まず各候補者について、共同研究や過去の指導教員など関わりが深い委員を「関係者」と定義し、委員長の求めに応じて参考情報を述べる以外は、当該候補の審査に加わらないこととした。審査は二段階で行った。まず一次審査では各候補者について、審査委員長が指名した 3名が審査対象論文を審査し、業績の独創性や候補者の貢献度を勘案して絶対評価による採点を行い、査読レポートを作成した。一次審査の査読レポートおよび採点の集計結果はあらかじめ審査員全員が閲読した上で、二次審査をオンライン会議で行った。二次審査においては、各候補者に関する担当審査員3名が意見を述べた後で、閲読結果の内容について審議を行った。その議論に基づいて採点結果を再度検討し、全審査員の合議により受賞者を決定した。 本年度は3名の候補者を決定したが、今回、受賞に至らなかった候補者の研究の中には高いレベルのものも含まれており、今後の展開に強い期待が審査員から寄せられている。来年度も、新規だけでなく再応募も含めた多くの方からの応募と推薦を期待する。

若手奨励賞・領域11審査委員長 求 幸年

受賞理由

授賞式

2024年春季大会において領域11の若手奨励賞授賞式・受賞記念講演が実地開催される予定です.


無断転載はお断りします
日本物理学会 領域11



過去の若手奨励賞(領域11)について