お知らせ
領域代表・領域役員
キーワード一覧
(English keywords)
記録
若手奨励賞
本Webページについて
領域Web目次
物理学会HOME

第4回領域11若手奨励賞

受賞者の発表

2009年6月会告に従って、第4回領域11若手奨励賞の募集を行い、同年7月24 日に締め切りました。申し合わせに従って設置された領域11の審査委員会による厳選な審査の結果、応募の中から下記の4名の候補者が選考され、同年10月の理事会で受賞者として承認されました。ここで、その受賞を祝福するとともに、領域11関係者に公示致します。なお、対象論文などの情報については、物理学会の若手賞のWebサイトをご覧ください。

領域11代表  佐野 雅己
受賞者 受賞題目
寺前順之介氏(理研脳センター) 弱いノイズを受けた非線形振動子の同期と位相記述の一般化
国仲寛人氏(中央大理工) 非弾性衝突における反発係数の決定メカニズムの研究
西野晃徳氏(東大生研) 開放型量子ドット系における多重電子散乱状態の厳密解
島田尚氏(東大工) 非線形多粒子系に対するシミュレーション研究の成果


審査経過報告

領域11における審査は、領域代表が指名した9名の審査委員により、メールを用いて行われた。審査委員は、領域11が対象とする非常に幅広い分野をカバーするべく選ばれた方々である。うち1名が審査委員長を務め(審査委員長についても領域代表が指名)、選出の取りまとめに当たった。本領域の若手奨励賞の応募は2009年7月24日に締め切られた。審査委員(レフェリー)が作成したレポートをもとに、9名の審査委員全員によるメール投票をおこない、本領域から4名の授賞候補者を決定した。なお、審査委員から実験系研究者の応募がないとの指摘があったので、領域11代表に伝えた。

若手奨励賞・領域11審査委員長  太田隆夫

受賞理由


無断転載はお断りします
日本物理学会 領域11